HOME>news/report 2011,09~

■インドネシアの孤児院「PAZKI」訪問 2012,1/18

インドネシアの都市ジャカルタ、大通りから裏路地深くへ入ると「PAZKI」という孤児院があります。2012年1月18日、私たちへこの施設を訪問。僅かですがお菓子や卵といった食料とハンサム判治さんから子どもたちへと預かったウクレレを届けてきました。子どもたちは自らストリートでウクレレを演奏し歌うことで、施設の運営費を創出しているのです。ムービーにて子どもたちの姿を見て下さい。

この施設のリニューアルにご協力を! SCHOOL FOR STREET CHILDREN PROJECT

■チャリティイベント参加 2012,1/28

 

凸版印刷株式会社情報コミュニケーション事業本部主催

「Art Eat Mart」チャリティイベント参加!みんな地球の子どもじゃん!としてPainter YORKE.さんとともに「ヨークと作ろうハッピーカレンダー」を企画。子どもたちと一緒に作ったカレンダーは被災地の子どもたちへ届けられます。まずは、気仙沼唐桑小学校の子どもたちへメッセージのお返しに届けます!また、現在も被災地で炊き出しを行うBOND&JUSTICE」も参加!詳しくはこちらでご確認ください。

■スクールバス(ART BUS)贈呈終了報告 2012,1/20

 

1月20日、バリ島の恵まれない子ども、ハンディキャップを持つ子どもたちの学校

「YPAC」へスクールバスを無事に届けることが出来ました。詳しくはあらためてreportします。心待ちにしていた子どもたちのたくさんの笑顔で一杯の贈呈式でありました。これまで多くの方の賛同、ご協力を頂き実現したものです。心よりお礼を申し上げます。

インドネシア KELOMPOK MEDIA BALI POST(新聞)掲載

インドネシア PUBLIC SERVICE BROADCASTING(ニュース)取材・放送

 

■J-WAVE出演 2012,1/6

 

1月6日(金)7:50~7:55 81.3FM J-WAVEの「~JK RADIO~TOKYO UNITED

ナビゲーター:ジョン・カビラさんのラジオに出演し、バス贈呈について話をさせて頂きました。5分で伝えることは非常にむずかしく勉強になりました!!!

1月20日、私たちはインドネシアバリ島の恵まれない子どもたち、ハンディキャップを持つ子どもたちの学校「YPAC」へスクールバスを届けます!!!詳しくはこちら

■山本太郎さんとともに福島へ 2011,12/22~

山本太郎さんとともに、福島へ。避難を望んでいるが踏み切ることが出来ないでいる母親たちの話しを聞き、妊婦と子どものため署名活動を続ける「Moms&Children Rescue FUKUSHIMA」の代表高岸氏、同発起人写真家 平野氏、をはじめとし福島で活動する団体の方々との会談、福島県庁を訪問し石原信市郎福島県議と福島の母親たちを交えての協議。市民放射能測定所などを訪問してまいりました。自主避難のアテンドをはじめて7カ月がたち、あらためて今福島の状況を把握し今後の活動としていく事を目的としています。また、この模様はフランス国営テレビの密着取材を受けています。活動報告はこちら。

■イベント終了報告 2011,12/15

 

ファッション誌「GINZA」別冊付録「代官山特集」を記念したアフターパーティで、YORKE.さんがLivePaintingをしました。このイベントでは会場である「サイン代官山」様のご協力を頂き、みんな地球の子どもじゃんの2012年1月20日「ARTBUS FOR KIDS」贈呈の告知をさせて頂きました。YORKE.さんの作品はサイン代官山で展示されています。

■パパに会いたいプロジェクト

 

写真は自主避難同行の日、郡山駅前。我が子を抱きながら見送る父親。何度も私たちに「宜しくお願いします。」と頭を下げる父親。自主避難されているご家族のほとんどが母子疎開であり、父親は避難生活をささえるため福島に残っています。何カ月もパパに会う事が出来ない子どもたち。せめて冬休みを利用して家族で過ごせたら・・・この提案に北海道庁が全面協力をしてくれ実現しました。12月28日~1月4日まで往復交通費無料にて募集を開始します。詳しくはこちら ※今後、この活動には皆様のご協力が必要です。詳しくはこちら

■インドネシアの子どもたちにスクールバス贈呈決定

震災により延期していたスクールバス贈呈が2012年1月20日に決定しました。

「DENIM BAKA project」などによる物販の収益で、インドネシア民間NGO学校法人YPACへスクールバスを贈呈します。アーティスト「YORKE.」も現地へ同行し、ART BUSとして贈呈。

▶アートバス贈呈プロジェクトでは、取材、協賛を募集しています・・・詳しくはプレスにて

▶プロジェクトを応援して下さい!・・・YORKE.デザインのオフィシャルTシャツ販売

▶プロジェクト詳細はこちら

■気仙沼の子どもたちより素敵なメッセージ

気仙沼唐桑小学校の子どもたちからお礼のメッセージが届きました!

震災後、気仙沼唐桑町の小さな避難所を中心に支援活動をしていましたが、唐桑小学校へは当時、子どもたちが新学期を迎えるに当たり必要な物が何も無い状況でした。ノートや上履き、鉛筆、玩具やお菓子・・・といった物を届けていました。また、体育館で復興ライブを開催したりと支援を超えた関係がありました。同封された先生の手紙には「いまだ震災の爪痕は残りますが、子どもたちも皆元気です。お世話になった全ての方へお礼を申します。」とありました。左の画像より是非、子どもたちのメッセージをお読みください。 

■Painter YORKE. アートでハロウィン 2011,10/29

埼玉県さいたま市にあるショッピングセンター「ステラタウン」にて、
10/29(土)にはYORKE.がハロウィンをイメージした作品を Live Painitngで制作。
更に10/30(日)には、昨年も大好評だったフェイスペインティングを実施!

フェイスペインティングによる売り上げの全額は、昨年に続き

「みんな地球の子どもじゃん」へ寄付されます。そちらは、

また改めてHPでご報告させていただきます。

イベント詳細は YORKE.Officialwebsite にてご確認ください。

■子どもたちを希望の大地へ~ニュース映像

 

北海道文化放送でのニュース映像をUPしました。

子どもたちの現実、親子の問題、避難を決めるに至った経緯・・・

詳しくはコチラ 「子どもたちを希望の大地へ」第5次募集受付中です!

■ハンサム判治「生唄メッセンジャー」被災地活動報告

10月16日 MTBを通じて被災した子どもたちに笑顔を!歌津MTB DREAM POJECT へウクレレ大使として参加。詳しくは、ハンサム判治オフィシャルブログにて。※ハンサム判治さんは、みんな地球の子どもじゃん!の活動を応援するためジャストギビングチャレンジしてくれています!みんな地球の子どもじゃんも、ハンサム判治さんの活動を衣装提供、車両提供、Tシャツ作成などでサポートしています!NO NUKES,MORE UKES!!!チャリティーTシャツ販売中! 詳しくはコチラ

■9月6日~ 北海道活動報告

 

第3次募集も無事終了しました。今回は応募が少なかったのが気になり課題点となります。一方で福島県外の方々の問い合わせは増加にあり、早速北海道で解決策を模索、計画途中ですが取り急ぎ福島県外の方々の自主避難受け入れを、連携する団体「みちのく会」が主催、運営する施設の募集を行います。現地では福島県山口和之衆議、徳永エリ議員がかけつけて下さり、避難された方々との意見交換会も開催されました。また、10月中旬出発にて第4次募集を開始しました。詳しくはこちら

特定非営利活動法人「みんな地球の子どもじゃん」 

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-9-18 畔上セブンビル401

TEL: 03-5389-0430 FAX : 03-3366-5644 

Email : minna@chikyuunokodomo.com  ▶アクセス

一人の力が大きな力に・・・

子どもたちの未来をつなぐ活動に

是非、ご参加ご協力をお願いします。

『NPO法人 みんな地球の子どもじゃん』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~