HOME支援活動PROJECT>東日本大震災復興支援活動

 

~宮城県気仙沼唐桑町を中心とした支援活動~

震災以降、私たちはこれまでに宮城県唐桑町の小さな避難所を 直接訪れ、必要物資を聞いて回り寄付、マッチングサイトなどを 利用することで、必要物資調達の復興支援活動に取り組んできました。 私たちの活動を支援、応援して下さる全ての方々のご協力により 必要物資の全てを届けることが出来ました。現在は仮設住宅が建てられ 環境は改善されたものの、厳しい冬を迎えます。今後も連絡、連携を取り 随時、情報公開、ご協力のお願いをしていきます。

※活動報告はこちら

※これまでの支援物資報告はこちら

※ご協力をお願いします

~子どもたの心を癒す活動~

震災により一番私たちが心を痛めるのは、子どもたちのことです。震災によりたった一人になってしまった子どもたちが大勢います。小さなその子たちは今何を 思うのか・・・私たちは想像も出来ない体験をしてしまった被災地の子どもたちに、せめてひと時でも楽しく過ごしてもらいたいという気持ちから、多くのアー ティストとともに被災地へ行き歌を歌ったり絵をかいたり、子どもが子どもらしく遊べる、そんな活動を続けています。震災後の4月7日、日頃より私たちの活動に参加してくれている、ペインターYORKE.さんと共に気仙沼へいき、気仙沼総合体育館のキッズルームにてイベント開催。子どもたちと一緒に絵を描き、キッズルームの旗を作成しました。

※YORKE.オフィシャルサイト

※YORKE.さんからのメッセージ

~勇気と希望を届けるため避難所を訪問し歌を届けています~

復興に人々が向かうためには心のケアが必要だと私たちは考えます。ほんの一瞬でも笑った り、時には涙を流したり、そういう時間を共有することで被災した人々の心に少しでも近づくことが出来たら、そこに本当に必要なものも見えてくるのです。私たちの法人は多くのアーティストが参加しています。中でもハンサム判治さんは震災以降、いち早く、そして何度も避難所を訪れ、ギター一本片手に歌を届けて います。こうした活動から各地で行う復興イベントなどにも数多く呼ばれることとなり、今でも多くの人々に勇気と希望を届けています。当法人はそんなハンサム判治さんの活動を車両提供、イベントグッズ作成、衣装提供などでサポートしています※ハンサム判治オフィシャルサイト

~放射能から子どもたちを守る活動~

もうひとつ私たちの重要な取り組みである、自主避難サポート活動。放射能による事故は深刻な状況です。福島県の要請を受け各自治体は様々な受け入れをしています。ところが私たちがオペレーションコドモタチへ参加し、福島県へ調査のため行った際に、ほとんどの人がそうした受け入れを知らない現状でした。母親だけが我が子を心配し周囲の反対にあうというデリケートな問題もありました。しかし子どもたちには何の罪もありません。放射能により夏でも長袖を来てマ スクをつけ、外で遊ぶことも出来ない子どもたち。私たちはせめてそんな子どもたちを救いたいと、現在は北 海道庁と連携し、避難希望者を募集。家族をフェリーに乗せ15時間かけて北海道へ・・・この活動はオペレーションコドモタチを通じて、賛同した俳優、アーティスト各有名人も呼びかけをし ています。北海道へ移住した子どもたちはマスクをはずし元気に遊んでいます。私たちは必要な人に必要な情報がを届けるためにこの活動を続けます。

※只今北海道自主避難第7次募集中

※これまでの活動報告はこちら

※この活動は皆様のご支援により成り立っています。ご協力をお願いします。

インドネシアの子どもたちから日本へ応援メッセージ

日本の震災を知り、当法人が支援活動を続けている

インドネシアバリ島の子どもたちから応援メッセージが送られてきました。

特定非営利活動法人「みんな地球の子どもじゃん」 

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-9-18 畔上セブンビル401

TEL: 03-5389-0430 FAX : 03-3366-5644  Email : minna@chikyuunokodomo.com   ▶アクセス

一人の力が大きな力に・・・

子どもたちの未来をつなぐ活動に

是非、ご参加ご協力をお願いします。

『NPO法人 みんな地球の子どもじゃん』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~